不動産担保ローンの契約から融資までの流れ

不動産担保ローンというのは、低金利であり、高額融資が可能、更に使用目的の自由度が高いということもあって、様々な場面で必要とされているローンでもあります。

不動産担保ローンをスムーズに利用できる様に、契約から融資までの流れをざっと知っておきましょう。

まずは、融資を受ける金融機関を選びます。

ローンの詳細、特徴、条件など不明点については事前にしっかり解消しておく様にしましょう。

必要な書類を用意して正式な申込をします。

申込に必要な書類というのは、土地・建物登記簿謄本、公図(写)、評価証明書(土地・建物)、住民票、印鑑証明書、借入金残金証明書、収入証明、確定申告書、住民税決定通知書、本人確認証明書などであり、金融機関によって多少異なる場合があります。

必要書類を提出したら、審査となります。

借主の返済能力があるかなど、融資が可能かどうかが審査されます。

審査に掛かる日数は金融機関によって異なり、時間がかかる場合もあるので急いでいる場合など確認する様にしましょう。

審査が通ると契約となります。

審査に通らなかった場合は、他の金融機関に相談するか、もしくは資金計画を見直すなどしましょう。

審査に通ったら金銭消費貸借契約書には様々な条件が記載されていますのでしっかり良く読む様にしましょう。

この際に事務手数料や不動産鑑定費用、登記設定費用、印紙代などがかかります。

契約後、登記の手続、抵当権の設定が行われて、融資となります。

Comments are closed.